【提携団体 オンラインセミナー】コロナ禍におけるビジネスチャンスの捉え方と中小企業診断士の役割

◆◆◆  2020年「中小企業診断士の日」 ◆◆◆

 

【提携団体:一般社団法人沖縄県中小企業診断士協会によるオンラインセミナー(Zoom開催)】

 

 

 

 

コロナ禍におけるビジネスチャンスの捉え方と中小企業診断士の役割

 

 

 

 

 

■セミナー概要

コロナ禍により中小企業を取り巻く経営環境が大きく変わる中、多くの企業が苦境に陥っています。しかし、そのような中でも「ピンチはチャンス!」と捉えて発展している企業もいらっしゃいます。本イベントでは①事業承継、②支援策の活用、③働き方改革、の3つの分野で、企業支援に携わっている中小企業診断士からの声を基にコロナ禍での事業発展のヒントや今後の動向をお伝えします。

 

 日時:2020年11月21日(土) 13時~16時

 開催形態:Zoomによるリモート開催

 参加費:無料

 

詳細につきましては、以下のリンクのチラシをご確認ください。

https://1drv.ms/b/s!AkDp0vqBfSVAdAl9xmCZMF8Ey24

 

■タイムテーブル

 13:00~13:40 【第一部】  事業承継、M&Aの現状と展望  講師:安谷屋 盛広

  13:40~14:20 【第二部】  支援策、支援機関の活用      講師:藤岡 敬一

  14:20~14:30            -- 休憩 -- 

  14:30~15:30 【第三部】  テレワークの実践事例について   講師:比嘉 智明

  15:30~16:00          QA、ディスカッション

 

■セミナーへのお申込み方法

こちらにアクセスし、必要事項を入力ください。

 

 

<< 講師プロフィール >>

 

■安谷屋経営コンサルティングオフィス 代表  安谷屋 盛広(あだにや もりひろ) 氏 

システムエンジニア(所属:㈱沖縄富士通システムエンジニアリ ング、富士通㈱ 他)として、官公庁、政府、地方自治体の 業務システムの構築事業に従事したあと、経営支援、商 品開発支援、情報化支援のコンサルタントとして活動して いる。令和元年より沖縄県事業引継ぎ支援センター(統 括責任者補佐)において、事業引継ぎ(M&A)の支援者と して、廃業企業の減少、地域の雇用及び事業の引継ぎ に取り組んでいる。また、沖縄国際大学の非常勤講師と して産業情報学部の学生に「中小企業診断」を教えてい るほか、中小企業診断士、ITコーディネータとして経営者 の支援を行っている。 (特非)ITコーディネータ協会 理事 法政大学経営大学院修了(MBA)

 

 

■しおり経営サポート 代表  藤岡 敬一(ふじおか けいいち) 氏 

兵庫県伊丹市出身。2005年に沖縄県に移住し、沖縄歴 15年。 システムエンジニアとして11年間システム開発業務に従 事した後、経営層とエンジニアを繋ぐ仕事をしたいと考え、 1年間勉強漬けの日々を送り、2012年に中小企業診 断士に登録。 沖縄県商工会連合会、公益財団法人沖縄県産業振興 公社にて計6年、町の個人商店から県内大企業まで幅 広い企業規模の販路開拓・ブランディング、売上アップ 支援など幅広い支援業務に対応。 2018年にしおり経営サポートを設立し、沖縄県内の商工 会・商工会議所等の公的支援機関と連携しながら、沖縄 県内の企業が抱える課題に対する相談・支援を行って います。

 

 

■カナイ経営支援研究所株式会社 代表取締役  比嘉 智明(ひが ともあき) 氏 

国内IT関連企業を経て、日本マイクロソフト株式会社へ 入社。各国のエンジニアと連携しながら、法人のお客様 に対するIT活用のソリューションアドバイザーとして活動 後、同社を退職。 現在、IT関連企業であるアーティサン沖縄株式会社 代 表取締役として、沖縄県内のお客様へ主にMicrosoftプ ラットフォームを利用したITの戦略的活用の訴求活動を 展開中。加えて、経営とITに関するコンサルティングサー ビスを提供する「カナイ経営支援研究所」を立ち上げ、中 小企業の経営課題を解決するために、事業の立ち上げ や経営参画による実践的な課題解決に取り組んでいる。 公的機関による、創業者支援や各種調査事業、施策検 討・立案業務などにも多数従事。中小企業の事業承継・ M&Aの専門家でもあり、M&Aの仲介実績も多数。

 

 

 

 

***注釈: こちらのセミナーは、提携団体(一般社団法人沖縄県中小企業診断士協会)によるイベントとなります。詳細等は各主催団体にお問い合わせください.***

 

 

 

【Zoom開催】ITコーディネータ沖縄 10月定例勉強会

 

 

 

 

 

 

【ITコーディネータ沖縄 10月定例勉強会 - Zoom開催】

 

これからの建設現場でITを女性技術者の "武器" とするには



 

 

■概要

  • 建設業におけるこれまでの女性入職の課題
  • 自社での女性技術者の採用を踏まえて
  • 現場で働きたくても入れなかった女性たちのキャリアチェンジを応援したい
  •  「teamけんせつ美ら小町」の立ち上げ
  • 現場で働く女性技術者が、課題共有できるオープンなネットワークを目指す
  • 中途入職の女性が感じる技術習得への焦りと、体力面の不安
  • これからの現場で女性技術者の“武器”となり得るIT
  • 従来のやり方に固執して止まってしまう男性技術者より、女性技術者の方がすんなり受け入れて動き出す
  • 『teamけんせつ美ら小町』としてのIT勉強会の取り組み
  • 丸元建設現場における、ITツール、ドローン写真測量は女性技術者が担当している
  • ITによってバックオフィスから現場を動かす「建設ディレクター」という職域
  • 今年、teamけんせつ美ら小町のメンバーが出産予定
  • 産休、育休後のキャリア継続については今後の課題… など。

 

■式次第 

(1)糸数社長講話 60分 (19:00~20:00)

(2)全体討論(質疑応答含む)60分 (20:00~21:00) 

 

【ZOOMのみの開催です】 ZOOMのURLは改めてご案内いたします。

 

■今回の勉強会のひとつの視点

建設業に限らず中小企業のIT化を進めるためには、女性の働き方改革、取り組みが重要な要素です。コロナによるテレワークの推進で子育て中や妊娠中の女性が在宅で働いています。そうした働く環境の整備はIT化を加速します。妊娠、出産、育児など男性とは異なるライフイベントを有する女性を働き手として戦力化することは、経営上も重要な戦略課題です。(人財育成委員会)

 

■講師プロフィール

(株)丸元建設 代表取締役社長  

  糸数 幸恵(いとかず・ゆきえ) 氏

1986年那覇市生まれ。2009年、横浜国立大学経営学部卒業後、半導体関連企業に就職。2013年に帰沖、祖父が創業し2代目として父が経営を担っていた(株)丸元建設に入社。社長室室長、常務職を経て、2017年に3代目として事業承継した。 入社後、会社としては初の女性技術者(現場監督)の採用を行い、社内の意識改革を促進。入職や定着など、女性技術者を取り巻く環境に課題を感じたことをきっかけに、各企業内ではまだ少数派である女性技術者のネットワーク形成および課題解決や技術力向上を目的とした企業横断型交流会「teamけんせつ美ら小町」を2019年7月に発足。企画、運営を行っている。趣味はゴルフと、今年から始めた琉球空手。

10月から沖縄タイムス(新聞)の 「オフィスの窓から」の執筆者の一人として、今注目の若手女性経営者です

 

■セミナーへのお申込み方法

下記URLへアクセスいただき、WEBフォーム(connpass)よりお手続きください。

https://itc-okinawa.connpass.com/event/192444/

 

サブカテゴリ